スタッフブログ

2018

網走の風は気持ち良かったです。

2018.10.06

篠原直子

abasiri1IMG_7327.JPGabasiri2IMG_7357.JPG

 

網走マラソン完走しました。

台風24号で飛行機が飛ぶのかと心配しながらの網走マラソンでしたが、大会当日も曇り時々晴れの良いマラソン日和でした。

網走刑務所前をスタートし、エイドステーションで蟹汁やシジミ汁、シャインマスカット、リンゴ等美味しく戴き、オホーツク海の美しく輝く「オホーツクブルー」を眺めながら映画やコマーシャルのロケ地として有名な能取岬で沢山写真を撮って、約18ヘクタールの秋の「ひまわり畑」へゴールしました。コスモスも満開でした。

 

大会前日の開会式にも参加しゲストの「金 哲彦さん」や「エリック・ワイナイナさん」のマラソンの楽しみ方等の話を聞いたり抽選会ではドキドキしたりして、楽しい時間を過ごしました。マラソン当日はゲストの二人が、最後尾からランナーの肩をたたいて励ましながら走ってくれるとの事でとても楽しみでした。

 

東京農業大学の学生さん達がボランティアでコースの案内をしてくれたりブラスバンド演奏で応援してくれたりと網走の町ぐるみでの応援をしてくれているような感覚でした。宿泊した旅館からもスタート会場へバスがランナーを運んでくれゴール会場からもつれて帰ってくれると言う本当にありがたいおもてなしに感動しっぱなしでした。

 

42.195キロを楽しみながら走る事が私のマラソンを続ける秘訣です。怪我をしない為に毎月、100キロ以上走る目標を持ち2年間継続してきました。

マラソン大会では、10キロを超える頃に「まだ残り32キロか~」と思いながら写真をパチリ・・・走ります。20キロを超える頃「折り返しに入った~」と写真をパチリ・・・嬉しく思います。30キロを超える頃、写真をパチリ・・・だんだんと足が痛くなってきます。歩いているランナーも増えてくるのでここからが、追い抜きの快感です。そしてゴールが見えてくると感動なんです・・・・・二人で走っているとどうやってゴールする?と話し合いスキップしてゴールなんて事もありました。1人でゴールする時は、ほぼほぼ感動でうるっとしてしまいます。大会が終わって1週間もすると次は何処へ行こうか?とワクワクしています。

今年は短い秋と言われています。食欲の秋、読書の秋、そしてスポーツの秋、楽しく元気で毎日が過ごせるよう短い秋をしっかり楽しみたいですね!

スタッフブログ一覧へ

PAGE TOP