スタッフブログ

2018

ZOZOSUIT

2018.10.08

篠原央樹

こんにちは。篠原です。

今朝の事です。明け方早くに目が覚めた私は、テレビで『ガイアの夜明け』という番組を見ました。

今回の放送は、10月1日付けで(株)スタートトゥデイから社名変更した(株)ZOZOの前澤社長の

特集でした。

番組の中で最も語られていたのは、昨年満を持して発表されたZOZOSUIT(ゾゾスーツ)の事です。

これまで日本最大級のファッション通販サイトZOZOTOWNとしてのイメージしか無かったZOZOが、

オンリーワンの服をオーダーメイドするプライベートブランドを立ち上げ、そのサービスの為に

作ったのが採寸ボディスーツのZOZOSUITです。

 

昨年、希望者に無料で配布された事もニュースとなり、ミーハーな私も注文しておりました。

しかし、何だかんだと発送延期となったため、テンションも下がった頃に届き、もうどっちでも

いいなと思いタンスの奥にしまっていました。

 

そして今朝、ガイアの夜明けでZOZOSUITの苦労話と共に前澤社長が語った言葉、

~~~『自分は身長が低くて自分に合う服が無い』

              という若い頃からのコンプレックスから生み出されたサービス~~~

という言葉が胸にひびきました。

『こうだったら良いな』と思う誰かの思いをカタチにしてくれるサービスって素敵だなと思います。

 

僕が洋服をネットショッピングで買わない理由が、どうせ僕の体に合うカッコイイ洋服は無いと

いう事でした。

最近は、太りすぎておしゃれなセレクトショップに入るのも身構えます・・(悲)

痩せれば良いのですが、そんなに簡単に痩せるくらいならもう痩せてます・・(涙)

 

自分の体型がZOZOSUITで数値化されると、それはそれで切ないだろうなぁ・・

とは思いますが、せっかくなのでオーダーメイドを注文してみようと思った今朝の出来事でした。

私達もこんな風に誰かの思いをカタチにできる会社になれると良いなと思います。

 

20181008blog-photo.jpg

スタッフブログ一覧へ

PAGE TOP